2006年03月31日

おだんごぱん


瀬田 貞二, 脇田 和 / 福音館書店(1966/01)
Amazonランキング:43,492位
Amazonおすすめ度:
「パンはころころ」をお薦めしたい!
子供が虜になる面白さ&素朴さ
お休み前の読み聞かせに最適!



ロシアというか、ヨーロッパで有名な民話。

おだんごぱんが、おじいさんや動物たちから食べられないように、歌を歌いながら逃げ出します。

でも、さいごに出会うきつねは、なかなか頭がよくて、おだんごぱんの歌をほめます。

きつねにのせられたおだんごぱんは、だんだんきつねに近づいていき、ついにはしたべろの上で歌うことに。

最後は・・・ご想像通りです。

とてもシュールでどうしようかと、思いました(笑)

でも、楽しい繰り返しが続いてあっと驚く結末。

子どもたちは、こうゆうお話、大好きですよね♪

おだんごぱんの歌をアレンジするのも楽しいです。


posted by おかぽん at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 繰り返しが楽しい絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。