2006年04月01日

ぼくを探しに


シェル・シルヴァスタイン, 倉橋 由美子, Shel Silverstein / 講談社(1979/04)
Amazonランキング:6,799位
Amazonおすすめ度:
ころころと
シンプルな絵と奥深い内容
温かい気持ちになります




とっても、奥が深い絵本です。シルヴァスタインは、私たちにいろんなことを考えさせてくれます。

この本では、一部が欠けた「まる」が、その欠けた一部を探しにいきます。

いろんなかけらと出会いますが、大きすぎたり、小さすぎたり、なかなか合わない。
でも、ぴったりのかけらがついに見つかる!!

・・・だけどね。完璧なのがいいとは、限らないんだね。
結末は、ぜひ本でご覧になってください。

子どもも楽しめると思うけど、大人になって読むと違う気持ちがわきあがります。
わたしもこの本を読むことで、肩の荷が下りたような気がしました。

自分らしく生きたいなぁと思わせてくれた本です。
posted by おかぽん at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 大人向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15945011

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。