2006年05月02日

ごろごろにゃーん


長 新太 / 福音館書店(1984/02)
Amazonランキング:27,687位
Amazonおすすめ度:
子供のころひきこまれました
星5つ、の無限倍。
子供の反応が楽しみ




はじめて読んだのは、21歳になってから。
正直言って、最初はどこがおもしろいのか、さっぱりわかりませんでした。

ほとんど、すべてのページが
「ごろごろにゃーんごろごろにゃーんと、ひこうきはとんでいきます」
としか、書いてないんですから(笑)


ところが、図書館に遊びに来る子どもたちには、大人気。それが、ふしぎでふしぎでしょうがありませんでした。

でも、ある日、突然読めるようになったんです。絵をじ〜っくりとみると、いろんなしかけがいっぱい。もう今では、おかしくておかしくて、たまらない絵本になりました♪


この本は、子どもから楽しさを教えてもらう絵本なのかもしれませんね。
posted by おかぽん at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼児向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17307600

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。