2006年05月02日

悲しい本


マイケル・ローゼン, クェンティン・ブレイク, 谷川 俊太郎 / あかね書房(2004/12/10)
Amazonランキング:6,922位
Amazonおすすめ度:
悲しい本
深い川は激流でも穏やかに見える
誰にでも起こりうること



最愛のヒトを失った悲しみと、徹底的に向き合った絵本です。

とても暗く、その悲しみや絶望を客観的に描写しています。
その内容からも「大人のための絵本」だと思います。

いつかは味わうであろう最愛のヒトとの別れ。
そんなときにこの絵本が近くにあってほしい。

そう思わせてくれる一冊です。
posted by おかぽん at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 死について考える絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。