2006年05月02日

はなをくんくん


ルース・クラウス, マーク・シーモント, きじま はじめ / 福音館書店(1967/03)
Amazonランキング:28,001位
Amazonおすすめ度:
シンプル でも 素晴らしい
地味に見える本だけれど…
小さい春をみつけた!




冬眠している動物の姿がとってもかわいい。
でも、季節の変化を感じ取り、はなをくんくん。
みんなで走り出し、なにやら見つけた♪

ずっと白と黒で描かれているのだが、最後に鮮やかな黄色を見つける。
それが、春の訪れを感じさせてくれて暖かい気持ちにさせてくれます。
雪国で育ったわたしには、その喜びがとても伝わってくる絵本でした。雪のないところの子どもたちにも、少しでもその気持ちを知って欲しいなぁと思います。
posted by おかぽん at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼児向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。