2006年05月02日

やまなしもぎ


平野 直, 太田 大八 / 福音館書店(1977/01)
Amazonランキング:308,845位
Amazonおすすめ度:
大きくなっても。




病気のお母さんのために、三人の兄弟がやまなしを取りに行くお話。

ゆけっちゃ かさかさ(笹)
ゆけっちゃ とんとん(きつつき)
ゆくなっちゃ がらがら(ひょうたんが揺れる音)

などの言葉の繰り返しが、とても印象深い絵本です。
日本語の響きってすてきだなぁって思わせてくれます。

長男と次男は、そのアドバイスに従わず沼のぬしに食べられてしまうのですが・・・


『なしとりきょうだい』というタイトルでも、違う再話の形ででていますよね。
こちらの方が、小さい子向けかな。
posted by おかぽん at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 繰り返しが楽しい絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。