2006年05月02日

はっぴぃさん


荒井 良二 / 偕成社(2003/09)
Amazonランキング:14,514位
Amazonおすすめ度:
はっぴぃな気分になるのではなく
考えるのでは無く感じる事のできる本。
心にズシリ!ときました




なんでものろのろのぼくと、なんでもあわててしまうわたしは、はっぴぃさんに会いに行きます。
二人の対比がとってもいいリズムですすんでいきます。

はっぴぃさんって、誰なんだろう?
と楽しみながら読むことができます。

変化や上昇志向が求められる中で、今の自分のいい所をみつけるのまありなんじゃないかな。

そんなことを考えてしまった絵本でした。
荒井良二さんの絵って、子どもの落書きみたいなのにあったかくて、とってもすてきです。
posted by おかぽん at 19:07| Comment(1) | TrackBack(1) | 低学年向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

絵本ナビよりやってきました!
近くに住んでいるので、親近感が沸いてしまって♪
好みの絵本も近いみたいで、おかぽんさんのおススメ絵本でよんだことが無い絵本、今度読んでみようと思います。

私も同じ本を紹介しているので、TBも宜しくお願いいたします。
Posted by そら at 2007年04月26日 20:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17308693

この記事へのトラックバック

【絵本】 『はっぴぃさん』
Excerpt: 『はっぴいさん』 荒井良二 著 のろのろの”ぼく”と、どんどんの”わたし”がはっぴいさんを探す旅に出ます。 はっぴいさん、はっぴいさん、わたしのねがいを聞いてください、はっぴいさん。 はっ..
Weblog: そらいろ絵本日記          和書&洋書 絵本紹介
Tracked: 2007-04-26 21:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。