2006年06月30日

ぐりとぐら


なかがわ りえこ, おおむら ゆりこ / 福音館書店(1967/01)
Amazonランキング:794位
Amazonおすすめ度:
眼で香る香しい香りのカステラのしあわせ。
思い出の本
もう覚えるくらい読まされてます。。。。



もう、だれもが幼いころに読んだであろう「ぐりとぐら」

二人とも、実は男の子だっていうことをご存知でしたか?

ぐりとぐらのおおそうじ』で、二人とも「ぼく」
って自分のことを呼んでるんですよ☆

そちらも面白いので、ぜひ読んでみて下さいね♪



最後のおちは、誰もが知っているはずなのに、何度見ても思わず笑ってしまいます。

こんなに大きなたまごがあったら、とってもすてきですね。



ぐりとぐらの歌は、みなさんどうやって歌っているのでしょうか。
わたしは、小さいころに図書館で聞いた、お姉さんの歌い方が印象に残っています。
あれからかなりたったのに、今でも私にとっては「図書館のお姉さんの歌」がぐりとぐらの歌です。

CDもでているので、正しい歌があるのかもしれませんが、好きなように歌うのも楽しいですよね。
posted by おかぽん at 14:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 幼児向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17535878

この記事へのトラックバック

ぐりとぐら
Excerpt: 今日、おすすめするのは『ぐりとぐら』です! ぐりとぐらおおむら ゆりこ、なかがわ りえこ 他 (1967/01)福音館書店 この商品の詳細を見る なつかしい!小さいころに読んだ!..
Weblog: 絵本大好き、おすすめ絵本
Tracked: 2006-07-07 13:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。