2006年06月19日

はじめてのおつかい


筒井 頼子, 林 明子 / 福音館書店(1977/04)
Amazonランキング:6,896位
Amazonおすすめ度:
ドキドキ・ハラハラ
子供の感性が的確に表現されている。。。。
細かな描写が最高!




こどもの目線で、はじめてのおつかいのドキドキをリアルに描いている絵本です。

自分のはじめてのおつかいを思い出しながら読むと、あの時の懐かしい気持ちが蘇ってきます。

ほんの300メートルほどの一人旅だったけれど、あの気持ちはもう味わうことがないんだなぁと懐かしく思います。

はじめてのおつかいがまだな子どもには、みぃちゃんがすごくお姉さんに見えるのではないでしょうか。

真似してみたい!っていう気持ちが、この絵本から生まれてくるかもしれませんね。

自分の体験と重ね合わせて、こんなにドキドキする絵本は、なかなかないと思います。
posted by おかぽん at 02:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 低学年向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19487802

この記事へのトラックバック

?????????????????ゃ????
Excerpt: <div class="booklog-all" style="margin-bottom:10px;"><div class="b..
Weblog: ????????????腟究????絎吟??膣剛??????????
Tracked: 2006-07-05 20:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。