2006年06月03日

ずーっと ずっと だいすきだよ


久山 太市, ハンス ウィルヘルム / 評論社(1988/12)
Amazonランキング:6,104位
Amazonおすすめ度:
味わいのある絵本です。
I'LL ALWAYS LOVE YOU
根っことつばさを作る本



教科書にも採用されていたので、覚えている方もいるのではないでしょうか。

とってもなつかしい気持ちで読むことができました。

この本とは、飼っていた猫が死んでしまった頃に出会ったんです。
とても寂しい気持ちでしたが、子どもながらに死に出会い、それと向き合う方法をこの絵本から教えてもらえたような気がします。

学校の授業で習うと教育的に思えてしまうものですが、絵本で読むととってもあたたかい絵本だなぁと感じることができます。
学校で習うよりも、絵本で先に出会って欲しいなぁと思います。
posted by おかぽん at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 死について考える絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。