2006年08月06日

あおくんときいろちゃん


レオ・レオーニ, 藤田 圭雄 / 至光社(1984/01)
Amazonランキング:7,682位
Amazonおすすめ度:
レオ・レオニの世界とであった記念すべき1冊
言葉がわからなくても楽しめる色の絵本
簡単な言葉で子供も大好き。




とってもシンプルな絵でありながら、自然とひきこまれてしまうような不思議な作品です。

絵の具で描いたただの丸が、自然と「あおくん」、「きいろちゃん」として、見えてきます。
ただの丸であっても、そこに名前を付ければ、いきいきとした登場人物になってくるということに、この本を通して気付かされました。

違和感なく、常識を打ち破れる作品というのは、とてもすごいですよね。

ストーリーもしっかりしているし、絵の良さ・斬新さをうまく利用しています。
孫のことを思って描いたことが伝わってくるような絵本。
ちいさいお子さんに、ぴったりです。
posted by おかぽん at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 赤ちゃん絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21999757

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。