2007年02月02日

今読みたい、20年前のいじめの本『わたしのいもうと』


松谷 みよ子, 味戸 ケイコ / 偕成社
Amazonランキング:1009位
Amazonおすすめ度:
いじめという問題
罪の意識なく、いじめに加わった人に読んで欲しい
絵本とは思えぬ内容の濃さに脱帽



松谷みよ子さんのもとに届いた手紙。

それは、いじめにより妹をなくした姉からの手紙でした。
その手紙を元に書かれたのが、このお話です。

たんたんと、静かに、いもうとの人生を描いています。

それと同時に、妹を救うことができなかった姉の悲しさも伝わってくるような作品です。

妹が自分の部屋から、高校生になった同級生たちを見る場面があるのですが、そこで涙が止まらなくなってしまいました。

すべてのヒトに、今、読んでもらいたい絵本です。

この絵本が出版されたのは、1987年。
20年前の絵本が、今でも必要とされています。
posted by おかぽん at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 死について考える絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32689044

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。